Home > 製品情報 > 多チャンネルOFDM変調器 MD2900
館内デジタル自主放送システム

多チャンネルOFDM変調器

MD2900

MD2900は、HD/SD映像・音声入力信号に対して、映像・音声圧縮、TS多重後、OFDM変調を行う「ISDB-Tユニット」を最大8ch実装可能な、多チャンネルOFDM変調器です。
MD2900
特長
HDエンコーダ・OFDM変調器を一体型にしたISDB-Tユニットを3Uの筐体に最大8ユニット搭載可能。
スポーツや競技場映像などの厳しい映像も高画質なHD映像で視聴可能。
電源の冗長化及び、活線挿抜により、障害時における即時ユニット交換が可能。
データ放送による視聴制御やホテル案内画面等の再生が可能。
仕様
機能ISDB-T 自主放送装置
入力HD/SD-SDI(BNC)、Ether
出力RF(F型端子<VHF/UHF:1-62ch、CATV:13-63ch>)
電源単相AC100V〜240V 50/60Hz
出力レベル75/80/85/90/95/100 dB
動作保証温度0℃〜+40℃
外形寸法440(W)×132.5(H)×446.5(D)mm 19インチラックに搭載可能:3U高
重量15kg以下
消費電力250VA以下(フル実装時/ユニット×8)
ブロック図
MD2900ブロック図