Media Links
株式会社メディアグローバルリンクス
 
サイトマップ
お問い合わせ
Home製品情報企業情報株主・投資家の皆さまへ
Home >> 株主・投資家情報 >> 経営方針 >> トップマネジメントメッセージ

経営方針
トップマネジメント メッセージ経営理念コーポレートガバナンス IRポリシー


代表取締役社長  小野 孝次


  この度、創業者である林英一の後を継いで代表取締役社長に就任した小野孝次です。
私は2001年に株式会社メディアグローバルリンクスに取締役営業部長として入社し、以降13年間当社の事業拡大に努めて参りました。特に、アメリカへの進出、欧州のビジネス構築、オーストラリアの立ち上げなど、国内だけでなく海外ビジネスの展開に、前社長の林英一とともに取り組んで参りました。幸いにも世界トップクラスのお客様にも認めていただけるようになり、放送・映像コンテンツビジネスにおけるネットワーク装置として『Media Links』ブランドは、ある程度の認知を得られたものと考えています。
この13年間を振り返ってみても、我々を取り巻くビジネス環境は変化してきました。そして、今後はさらに大きな変化が訪れるものと思われます。我々のお客様である、放送事業者は常に良質な映像を探求し、通信事業者は回線の効率を追求してきました。互いに補完し合う関係であった両者は、時代とともにシームレスな融合へ歩み始めています。そして、両者の進む未来では、先進的な技術を触媒として、様々な化学反応が起きるでしょう。我々は、その未来における市場のトップ企業になることを目指しています。
“Video Over IP”を合言葉に、そして、“Service to The Customer”をモットーに、我々、メディアグローバルリンクスグループは、IPワールドの先駆者となることを目指し、放送と通信の未来に向けて、常に、価値あるコンテンツを作り出すための環境や、それを効率的に伝達する手段を提供する会社として発展し続けます。その成長の場は、アジア、米国、欧州へ地球規模で広がり続けます。我々は、あらゆるメディアの成長と発展に寄与する“コンテンツインキュベーター”であり続けたいと考えます。
2014年メディアグローバルリンクスグループは、グローバル展開を加速させ、放送・映像コンテンツビジネスにおけるIPソリューションを提案し、ビジネスの拡大を図ります。
また我々は、責任ある企業として、「基本と正道」に則った企業活動の下、コンプライアンス、環境保全、社会貢献などの企業の社会的責任に関する取り組みに積極的に注力してまいります。
何卒、今後も一層のご支援・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。



取締役設計開発本部長
菅原 司

 メディアグローバルリンクスは、2000年にメーカーとなることを決意して以来、これまで技術を軸として成長してきました。
この技術を軸とした成長戦略は今後も変わりません。
映像信号をIPネットワークで伝送するという技術、これまでの実績は国内・海外のお客様に浸透していると思っています。
この技術が実現した映像信号をIPネットワークで伝送するという変革は、今、次の課題に直面しており、新しい変革が必要な時期を迎えていると考えています。
「映像をIPで伝送することがもたらす本当の価値とは?」 
「その未来に何が待っているのか?」
我々メディアグローバルリンクスグループは、これまで培ってきた技術と長期的な技術戦略を元に、常にお客様に本当の価値を持つ変革を提供できるよう、今後も技術開発を進化・発展させていきます。



取締役 Marketing & Business
Development担当 John Dale


 Media Global Links has been an innovator in developing high quality media encapsulation and delivery using Ethernet/IP technology starting with proprietary solutions and driving industry change to standards based solutions.
 In addition robust transmission functions such as hitless fail-over switching, FEC, and highly managed route setting were developed by Media Global Links to provide mission critical delivery of media.
 The SMPTE 2022 family of standards including VSF TR-01 for JPEG2000 is a direct result of this effort.
 As the market evolves, media creators and consumers are migrating to Ethernet/IP solutions and the items above will become common place.
 The evolution of media workflow will present many new opportunities;
 ・The same highly managed network media routing used by Media Global Links
  is becoming standardized in Software Defined Networking (SDN) with
  standards based management protocols.
 ・The higher quality image formats like 4K & 8K UHD will put more demands
  on networks and coding technology requiring new solutions.
 ・These technologies are becoming more sophisticated but the user base
  demands more simple and intuitive tools to handle these complex
  operations as well as professional solution integration and maintenance
  services.
 Media Global Links will leverage the experience gained in the past to find new ways to innovate and provide compelling new solutions to this growing market.
 In addition Media Global Links will continue to participate in the markets where they have significant presence, and be looking to apply these solutions into adjacent markets which create or consume media.


 メディアグローバルリンクスは、常に革新者であり、IP技術による高品質な映像伝送の分野で独自技術を発展させながら業界標準の確立に向けての流れをリードしてきました。さらに、無瞬断切替機能、誤り訂正機能、伝送経路の制御機能など映像伝送の安全性・信頼性を高めるさまざまな機能を開発し、他の追随を許さない高品質を提供してきました。その成果の一部はJPEG2000に関するVSF TR-01やSMPTE2022といった国際標準規格となっています。
 マーケットが進化し、メディアクリエイターやメディア利用者は、IPベースの環境へ移行しており、これからメディアの制作現場におけるワークフローは大きく変化し、新たなビジネス機会を提供するでしょう。
 ・メディアグローバルリンクスの高機能のネットワークルーティング管理技術は、今後のSoftware
  Defined Networking(SDN)の普及に際して新たな標準規格となる可能性があります。
 ・また、4Kや8Kといった超高精細画像が普及するにつれ、ネットワークを効率的に利用するための
  圧縮技術へのニーズが高まります。
 ・技術が高度化するにつれ、ユーザーからはよりシンプルで直感的な操作性が求められ、さらには
  保守サービスなども含めた総合的なソリューションの提供が重要になります。
 
メディアグローバルリンクスは、今までの実績を活用し、もっと革新的で魅力あふれる新しいソリューションを提供します。さらに、従来の市場への浸透を深めるととともに、さまざまなメディアビジネスにもソリューションの提供を広げて参ります。





株主・投資家情報
Copyrights (C) 2006 Media Global Links Co., Ltd. All Rights Reserved.
JASDAQ : Listed company 6659